クリスマスプレゼントを渡す演出は?喜ばれたサプライズ演出を公開!

クリスマスも数か月後に近づき、彼や彼女、家族に渡すプレゼントは何にしようかな?と考えてる方もいらっしゃると思います。

また、最近はプレゼントあげるだけは、マンネリ化してきたなと思われてる方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回は、クリスマスプレゼントを上げる時にどんな演出をしたのか、アンケートを実施!

沢山の体験談を投稿いただきましたので、その中から10の体験談を選びました。

スポンサーリンク

前もってプレゼントのリサーチは忘れずに

前もって欲しい物をリサーチしておくのですが、お金の都合であげるのは無理そうなことを匂わせておきます。そしてクリスマス当日の朝、彼が寝ている間に枕元に欲しがっていたものとは別のプレゼントを置いておき、朝起きたら気づくようにしました。

それが今回のクリスマスプレゼントだと思ってくれるのですが、それとは別にしっかりと欲しがっていたプレゼントを用意しておきます。

それは夜に渡しました。夜、クリスマスディナーでお祝いしている最中に少し席を外し、サンタさんの衣装に着替えて白い袋に入れたプレゼントを持って登場。

朝のプレゼントでおしまいかとおもいきや、欲しがっていたプレゼントをサプライズでもらえて彼もだいぶ驚いていました。

相手を思う気持ちもプレゼント

クリスマスデートの時に彼氏とディズニー映画を見てディナーを食べていました。

アクションかサスペンスしか見ない彼氏が映画に付き合ってくれたのが嬉しかったですし、ディナーのデザートがディズニープリンセスの色合いが反映されたデザインになっていて、しかも同じ色合いのお揃いのアクセサリーをプレゼントされましたのがとても嬉しかったです。デートの流れからプレゼントまで統一性を持って準備してくれたんだとわかるとなお嬉しいです。

また、普段あまりそういうところに行かない彼氏が頑張って準備してくれたんだなとわかるデートコースやプレゼントをもらうととてもキュンキュンします。

彼女のために努力してくれたと分かると自分からもなにか返そうと思うので、愛も深まると思います。

 

お互いの好きなものを事前に言い合う

お互い金額を決めてほしいものを言い合い、クリスマスイブの夕食後にプレゼント交換をしています。特にサプライズ性はありませんでしたが、事前にプレゼントは何が欲しいかをお互いに聞いているので相手の欲しいものと自分で選んだものを合わせてプレゼントしています。

なので、もらってこれいらないな、とかにはならないので気まずい雰囲気にもならずお互い幸せになれます。

私達は隠し事をしたらすぐに顔に出てしまうので中々サプライズをすることができず一層のこと上記に書いたことをしようと話し合ってこのような形になりました。

 

 

 

 

サンタクロースにプレゼントを運んでもらう

クリスマスにプレゼントを用意しました。子供にサンタさん宛ての手紙を書いてもらい、「ママとパパがサンタさんに渡しておくね」と言い、12月24日の夜は義母と寝てもらい、義母の部屋から降りてきた階段の下にクリスマスツリーを置き、その下にプレゼントとサンタさんからの手紙の返事を置きました。

12月25日の朝、子供が起きてくるタイミングでクリスマスソングを流し、カメラで撮影しました。

子供は目をキラキラさせながら、
「サンタさんからお返事が来た!」
と喜んでいて、その次に三つある箱の包装紙を破き始め、
「これ欲しかったやつだ!」、
「ママ、パパ、ばぁば!たくさんプレゼントがあるよ!」
ととても喜んでいました。

「いい子にしてたから、サンタさんがたくさんくれたんだね。」と言うと、とても喜んでいました。

早速朝からプレゼントで遊び、大喜びで一日過ごしました。

サプライズ的に欲しいものをプレゼント

クリスマスに貰って嬉しかったプレゼントとしては、「まつ毛パーマ券」です。恵比寿の路面店で、とてもステキなお店でしたが、敷居が高く、なんとなくお店に入れなかったけど、前を通る度に、いつも「行ってみたい」といっていました。

その年のクリスマスの日に一緒に食事をしていると、小さな封筒を取り出し彼が私に渡しました。

中には「まつ毛パーマ券」と書いた紙が。

聞くと、お店のお姉さんに相談して、特別に作って貰ったとの事。

気持ちを汲んで、行動してくれた事、対応してくれたお姉さんの気持ち、憧れのお店に行ける嬉しさなど、気持ちが沢山満たされたプレゼントでした。

メッセージカードを添えてプレゼント

付き合い始めた最初のクリスマスの時、彼氏がネックレスをくれました。会った時はプレゼントを持っているようには見えず、彼氏もいつもと変わらない様子だったので全く気付きませんでした。

普通に話をしている時に急にプレゼントを渡されたので、驚きましたが嬉しかったです。

また、私が好きなケーキも一緒に買ってきてくれていました。

メッセージカードもプレゼントに貼り付けられていて、嬉しさのあまり泣いたのも覚えています。

私はプレゼントの値段やその物、渡し方などにこだわりは無く、気持ちだけでも嬉しいと思うのですが、やはりちょっとしたサプライズがあるとより嬉しいです。

どんなに些細なものでも、一言だけでもいいので、メッセージカードが付いていると嬉しいです。

 

 

 

 

一緒にプレゼントを選ぶ

私自身はサプライズが苦手。若い頃のお付き合いや夫とのことも振り返ると、初めてのクリスマスくらいはサプライズでも良いけれど、あとは一緒に出かけて一緒に選んで買ってもらうのが良い。

お付き合いして少しすれば金銭感覚もわかるし、どの程度のものを選んで良いのかも相談もできるようになる。

結婚してみると、そうゆう積み重ねもとても大切なことだったように思う。

何を大事にする人なのか、何を大事にしてくれるのかというのを理解できる機会だったように思う。

子供が出来てからは子供へのサプライズで自分たちにはプレゼントもないけれど、それもとても幸せに感じる。

欲しいと思うものが欲しいので、要らないものをサプライズされても困ることもある。

プレゼントは高価なものではなく気持ちだけでもうれしい

夫は誕生日やクリスマスのプレゼントは欠かさないタイプで、事前に欲しいものを聞いてくれる時もあれば、自分で素敵な品物を選んできてくれたりもするので、毎回凄く楽しみにしています。とあるクリスマス時期に、私が仕事をしていて仕事に悩んでる時がありました。

特に口に出すことはなかったのですが何となく気がついていたのでしょう。

クリスマスの朝、私が好きなリンツのチョコレートを一粒わたされ
「今日も頑張ろー」
と一言、

そして、食事の後、ふらっと出掛けたと思ったら、コンビニでケーキを買ってきてお茶を入れてくれたりしました。

ツラい時期だっただけに、凄く嬉しかったのを覚えています。

派手なサプライズも嬉しいものですが、さりげない優しさのプレゼントも忘れられないものです。

王道!寝ている子供達の枕元にプレゼント

小学生の子供達にクリスマスプレゼントを渡しました。小さい頃から、欲しいものを手紙に書いておくと、いつの間にか手紙がなくなって、クリスマスにプレゼントが届くと教えていました。

毎年、クリスマスが近付くと学校などでも話題になるようで、催促しないでいても手紙を書き始めます。

欲しいものイラストもあり色を塗ったりします。

欲しいものが、これは不要では?と思うものはアドバイスしますが、大体が子供たちの希望のものです。

昨年は子供たちより大きいぬいぐるみでした。

隠すのに苦労しましたが、クリスマスに寝ている子供たちの枕元に座らせておきました。

子供たちは朝、大きいなぬいぐるみを抱きかかえて、大興奮で降りてきました。

こんな子供たちを見られるのはあと少しです。

 

家族で集まってプレゼントを渡す

毎年12月25日、朝起きてからプレゼントを家族で交換します。サプライズは特にないのですが、お互いが選んだささやかなプレゼントを家族全員で交換し、楽しんでいます。

特にサプライズもなく、プレゼントも高額ではないのですが、家族のきずなを感じる一日になります。

まとめ

今回は、クリスマスプレゼントを色んなシチュエーションで渡した方の体験談を紹介しました。

親から子供、彼から彼女、夫から妻、子供から親、渡す相手は違えど、相手の事を考えて、アイデア満載でしたね。

マンネリ化しそうな、毎年のクリスマスプレゼント。

今年は、ちょっと違った雰囲気でプレゼントを交換しても面白そうですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク