スポンサーサイト

義母と娘のブルース7話あらすじネタバレ!みゆきが大樹と恋に落ちる?

日本テレビのドラマ「義母と娘のブルース(ぎぼむす)」第7話が8月21日(火)22:00に放送されます。

前回の義母と娘のブルースは、いきなり良一(竹野内豊)が亡くなってしまいました。 ちょっといきなりの出来事だったので、あっけに取られてしまいましたが、葬儀のシーンでは、亜希子(綾瀬はるか)もみゆき(横溝菜帆)もそれぞれの思いを胸に秘めていたのですが、和子(麻生祐未)の一言で、一気にその思いがあふれ出し涙が止まりませんでしたね。

高校生になったみゆき(上白石萌歌)と亜希子の生活は、本当の親子の様で、みゆきの将来の為に亜希子が働くという事になりましたが、働く先が麦田章(佐藤健)の店ベーカリー麦田でした。

第1話から少しずつ麦田が出てきていましたが、ここに来て一気に露出が増えそうですね。

これからもこのドラマのテーマである、「小さな奇跡」を楽しみにしたいですね。

義母と娘のブルース第6話まで見逃した方はhuluで見逃し配信中です。
義母と娘のブルースの見逃し配信を視聴する

と言う事で、早速第7話のあらすじを見ていきましょう。

義母と娘のブルース 第7話のネタバレ

みゆき (上白石萌歌) に仕事をすることの尊さを伝えるべく、商店街で寂れている 「ベーカリー麦田」 に再就職することにした 亜希子 (綾瀬はるか)。

だが、店を開けているだけでも赤字になっている 「ベーカリー麦田」 は亜希子の想像以上の状態だった。

店長の 麦田 (佐藤健) は、経営にはまったく無頓着で、昨日の売れ残りを温めて店頭に並べる始末。

それでも亜希子は、みゆきのために「ベーカリー麦田」の立て直しを決意し、キャリアウーマンだった頃の知識を駆使して立て直しのプランを精一杯考える。

そんな亜希子の再就職に、隠れた想いがあることに気がつかないみゆきは、運命的に再会した 大樹 (井之脇海) から、突然生まれて初めての告白をされ悩んでいた。

「今は受験だから勉強に専念しなきゃいけない」 という理由で断るみゆきだが、大樹から「家庭教師をしてやる」と提案され、自然と一緒に過ごす時間が増えていく二人。

大樹と一緒に勉強していることで、亜希子に対して少し後ろめたさを感じるみゆきは、ベーカリー再建で忙しい中でも、家事も完璧にこなしてしまう亜希子に対し、劣等感に似た複雑な気持ちが生まれていた。

「亜希子の本当の娘だったら、亜希子に似て何でもできる人になれていたのか…」 と葛藤するみゆきは、亜希子に自分の今の気持ちをぶちまけてしまう。

日本テレビ義母と娘のブルース公式HPより引用

第7話放送後随時UPします。

義母と娘のブルース第7話を見たネットの反応は?

第7話放送後随時UPします。

義母と娘のブルース第7話をフルで視聴するには

『義母と娘のブルース』放送終了から1週間以内はTver日テレオンデマンドを利用すれば
見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴は→こちら
日テレオンデマンド 無料視聴は→こちら

第7話放送から1週間限定配信なので、
2018年8月21日放送終了後~2018年8月28日21:59までにご覧ください。

1週間過ぎても大丈夫!

1週間過ぎた場合は、Huluで見れますので、見逃した時でも安心ですね。
義母と娘のブルースの第7話を無料で見る!【Hulu】


義母と娘のブルース第7話まとめ

義母と娘のブルース第7話のあらすじと感想、そしてネットの反応や見逃し動画配信サービスの紹介をまとめてみました。

お役に立てればと思います^^

スポンサーサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です