スポンサーサイト

絶対零度(ミハン)6話のネタバレと感想!沢村一樹が重要参考人になる?

フジテレビのドラマ「絶対零度 未然犯罪捜査潜入」第6話が8月13日(月)21:00に放送されました。

前回は、横山裕さんのバスケ姿に反響が多かった回でしたね。

前回は、高校生が父親を殺すというショッキングな事件でした。その裏で手を引いていたのが、表向きジャーナリストで、実はサイコパスの川上と言う男でした。

以前も、法に触れないが為に、悪事を働いても裁けないトいう事件がいくつかありましたが、今回の川上も以前の事件同様、何者かに殺されてしまいます。

最後のシーンで、ベスト姿の男の後ろ姿も映りましたし、井沢範人(沢村一樹)がミハンの危険人物に映し出された事も判明し、今回に続いてますが、今回で、謎の死を遂げた人達を殺した犯人が見つかるのでしょうか?

第6話は、井沢がどうなるのか? そして、桜木泉のその後はどうなってるのでしょうか?

それでは早速第6話を見ていきましょう。

過去の絶対零度~未然犯罪捜査潜入~を見たい方は、FODで見れます。

絶対零度~未然犯罪捜査潜入~の第5話を見る

絶対零度 第6話 あらすじとネタバレ

井沢(沢村一樹)たち“ミハン”チームが捜査した事件の関係者に不審な出来事が続いていたことが発覚する。

猟銃の誤射で少女を殺し、その罪を別の事件の犯人になすりつけた元最高裁判所長官の小松原(中丸新将)は点検中のエレベーターに転落して死亡(第2話)。

強姦を重ねていたエリート大学生の湯川(佐野岳)は行方不明になり、失踪届が出されている(第3話)。

そして、法の目をかいくぐって何人も殺害した上、未成年者の犯罪を後押ししていたジャーナリストの川上(近藤公園)は射殺体で見つかったのだ(第5話)。

3人は、いずれも法でさばけなかった犯罪者――。犯人がミハンから得た情報をもとに犯行に及んでいると考えた東堂(伊藤淳史)は、「ミハンの情報が外部に漏れている」「内通者がいる」「チーム内に犯人がいる」という3つの可能性に言及する。

真相を解明するため、井沢は、山内(横山裕)とともに小松原が死んだホテルへ。小田切(本田翼)と田村(平田満)は湯川のスマートフォンのGPSが途絶えた高架下へと向かった。

ほどなく、井沢たちは、防犯カメラの映像などから一台の不審な車両にたどり着く。だがその所有者に関する個人情報は改ざんされているようだった。

一方、川上の事件を追う捜査一課の早川(マギー)たちは、殺害現場付近で不審な男を見たという目撃者を見つけ、犯人の似顔絵を作成することに。

そして、できあがった犯人の似顔絵は、あるミハンメンバーの顔で――。

ミハンは一連の犯行を予測していない。ミハンを知り尽くし、犯罪者を誰よりも憎み、事件の再発を防ぎたいと強く願う犯人の正体とは?

法で裁けない犯罪者を制裁していた人物が、ついに明らかになる!!

フジテレビ絶対零度公式HPより引用

井沢が重要参考人に

路地裏を歩いていた川上を何者かが後ろからつけたが、川上に見つかってしまい、その場でもみあいになり、ピストルで殺してしまう。

そこに立っていた後ろ姿は井沢(沢村一樹)だった。

時はさかのぼって、1993年、Jリーグが開幕した日の出来事だった。
少年時代の藤堂(伊藤淳史)は、父親と共にJリーグのイベントに来ていた。 藤堂少年が持っていたキーホルダーを落とした時、とある女性がキーホルダーを拾ってくれた。

すると、遠くから「キャー」と言う叫び声が聞こえた。

男が、ナイフを持って振り回し無差別に周りにいる人達を刺していた。
逃げ惑う人々。そして、藤堂の父が刺され、藤堂自身も首を切られた。そして、先ほどの女性もお腹を人刺しされたのだった。

藤堂は上司に呼び出されていた。ミハンチームが捜査した事件の関係者が不審な死や、行方不明が続いている事で、これが公になれば、ミハンを解散せざるを得ないと言われた。

その頃、捜査一課では、ジャーナリストの川上(近藤公園)が射殺体で見つかった事件の捜査会議が行われていた。

一方、ミハンの会議で、メンバーが集まっていた。
同じく川上が死んだことに対しての会議だった。
南彦太郎(柄本時生)は、「天罰が下ったんだと思いました。」と言った。
小田切唯(本田翼)は、「まさか殺されるなんて驚いた。直前までかかわっていた事件だったから・・・・」

ミハンで関わった事件野容疑者で法で裁けなかった人が立て続けに亡くなっていることに疑問を持つ藤堂だった。

猟銃の誤射で少女を殺し、その罪を別の事件の犯人になすりつけた元最高裁判所長官の小松原(中丸新将)は点検中のエレベーターに転落して死亡。

強姦を重ねていたエリート大学生の湯川(佐野岳)は行方不明になり、捜索願が出されている。

そして、法の目をかいくぐって何人も殺害した上、未成年者の犯罪を後押ししていたジャーナリストの川上(近藤公園)は射殺体で見つかったのだ。

どの事件もミハンが関わってる事から、藤堂は、一連の犯人は、
「ミハンの情報が外部に漏れている」
「内通者がいる」
「チーム内に犯人がいる」
という3つの可能性を口にする。

真相次第では、ミハンの捜査は中止、このチームは解散となるのだった。

真相を解明するため、井沢は、山内(横山裕)とともに小松原が死んだホテルへ。

小田切(本田翼)田村(平田満)は湯川のスマートフォンのGPSが途絶えた高架下へと向かった。
小田切は、田村に向かって「いつからすみませんていうのですか?」と聞く。
その時、近くの看護師に話を聞けた。

捜査の結果、ホテルの近くと高架下の病院の近くで同一車両が浮き上がってきた。

防犯カメラの映像から一台の不審な車両にたどり着く。その車両の持ち主を探すのだった。 持ち主は「古宮康弘」。井沢、山内、田村、小田切はその持ち主の住所に行ってみるが、更地になっていた。

しかも転居届も出ていない。調べた結果、その所有者に関する個人情報は改ざんされているようだった。何者かが所有者に成りすましているのだ。

一方、川上の事件を追っていた捜査一課の早川(マギー)たちは、殺害現場付近で不審な男を見たという目撃者を見つけ、犯人の似顔絵を作成することに。できあがった似顔絵は、井沢にそっくりだった。

捜査一課は、井沢が川上のマンションに入っていく様子や文科省で父を殺した直樹の側にミハンがいた様子をとらえた監視カメラの映像などを入手しており、どういう事か説明を求めるのだった。

そこで東堂は、刑事企画課のデータベース作りのために、資料課メンバーに協力してもらっている、と説明してその場をしのぐ。

井沢が本当に重要参考人なのか、逆に藤堂が捜査一課に聞く。

その時、重要参考人として井沢の身柄が確保されたという知らせが入る。
取調室に入る、早川と板倉。

その隣の部屋で、ミハンチームがその様子を見ていた。

井沢の取り調べを担当した早川は、彼が公安時代に壊滅させた組織からの報復で、妻と娘を殺されたこと、その犯人・宇佐美洋介(奥野瑛太)を殺そうとしたことに触れ、法の目をかいくぐる犯罪者を野放しにしておけないと思ったのではないか、ちがうか?と聞く。

井沢は早川の尋問に応えず、早川に「席をはずせ」と言って、隣の部屋にいる東堂と話がしたいと言い出す。

5分間だけ捜査一課のメンバーに席を外してもらった東堂は、「あなたが一連の犯人なんですか?」と井沢に尋ねた。

井沢は、笑いながら、「みんなもこの会話聞いてるんでしょ?山内君は俺の事疑ってるの知ってたけど、他のみんなもそうなの? もうちょっと信用あると思ったんですけどね。」
藤堂は、「どうして、川上の殺害現場にいたんですか?」と聞く藤堂に対し、井沢は「一応ミハンのリーダーなんですけどね」とはぐらかしたが、藤堂に「はぐらかさないで下さい。」

井沢は、川上の犯罪を暴くために行動を追っていたが、GPS情報から現場に行くと彼は死んでいた。それで、立ち去った。もっと言うと、彼は殺されるのではないかと思っていた、と話す。

藤堂は、「今回の犯人像には特徴がある」と。

井沢は、ミハンの情報を熟知し、犯罪者に強い憎しみを抱くものは自分だけではないとし、25年前の『練馬台無差別殺傷事件』、動物殺傷と言うサインがあったが、未然に犯罪を防げなかった。

東堂の父が殺され、東堂自身も重傷を負ったのことを持ち出す。

井沢は東堂を疑ってると・・・・。

そして、呆然とする藤堂、ミハンのシステム室へ行き、泣き崩れるのだった。
藤堂には誰が犯人なのか分かった様子だった。

スポンサーサイト

田村死す

その夜、井沢はとあるオフィスにいた。

そこにやってきたのは田村だった。

井沢は「ここに来ないで欲しい。そう思ってここにいました。信じたくなかった。あなたが犯人なんですね。田村さん。」と言った。

かつて田村は、戸籍売買の前科がある木本ケイスケという男を詐欺の罪で逮捕していた。

木本は病死していたが、裏のビジネスを引き継いだ男が使っていたのがこのオフィスだった。

田村は、昨日一日のGPS情報から井沢がこのオフィスに来たことを知って不安を覚えて、個人情報改ざんの痕跡が残っていないか確認にきたのだ。

「証拠は残っていませんでしたよ。でもこの場所にあなたが来た事が犯人だという証拠です」

その頃、藤堂は、夜中にもかかわらず、ミハンのメンバーを呼び出していた。

田村が犯人だという事を伝えるために。
南は、あの田村さんが犯人の訳がない。と信じない。

藤堂は、「25年前の練馬台無差別殺傷事件、井沢さんが言ったように私が犯人像に当てはまる。しかし、それと同時に、その犯人像は田村さんにも当てはまる。」と話した。

同じ頃、井沢が田村に声をかけるも、来ないでください。と田村が言う。一線を越えてしまった自分はもう戻ることはできない、と言ってその場から立ち去ってしまう。

一方、資料室では、小田切が「どうして田村さんが?」と聞く。

東堂は、自分と田村が練馬台無差別殺傷事件を通して繋がっていたことを告白する。

当時、所轄の捜査員だった田村は、堀部浩二(比佐仁)という男が動物殺傷を繰り返していることに気づき、上司にも報告していた。

しかし、その堀部が練馬台無差別殺傷事件を起こし、田村と待ち合わせをしていた婚約者の吉沢紀子(荻野友里)も犠牲になっていたのだ。

藤堂は、田村が今どこに向かってるのか分かる。今から田村さんの所へ行きます。

田村の後を追う井沢。 藤堂と小田切、山内も向かっていた。

田村は、査証事件の後を思い出す。 目の前で婚約者を刺された田村に対し、事件の遺族たちは、犯罪の予兆を掴んでいた田村を非難した。その怒りを受け止め、一切の弁明もせずにひたすら謝り続けていたという。

月日が流れ、キャリアとして入庁した東堂は、田村と再会し、未然に犯罪を防ぐシステムについて話していた。

田村にぜひミハンチームに入って欲しいと、スカウトした経緯があった。

そして田村は、練馬台無差別殺傷事件の現場となった広場にやってくる。

田村を追ってきた井沢や、駆けつけた東堂たちも到着した。

資料課で待機していた南は、無線で田村に呼びかけていた。
「25年前の事件はあなたの責任ではない。一人でしょい込むな。」と。
泣きそうな南。

田村は、小松原を殺した事、湯川を殺害した後、山に埋めた事、川上の殺害は彼に気づかれたことで予定が狂ってしまった事を告白する。

田村は、銃を取り出して、井沢に銃を向けた。「来ないでください。井沢さんあなたが怖かった。五日バレるんじゃないかと・・・藤堂さん、足を引っ張ることになってすみません。一連の事件はミハンとは無関係であり、身勝手な動機から自分が殺人を繰り返していたことにしてほしい」

みんなが田村に「やめて、何してるんです、やめてくれ」と叫ぶ。

「みなさんに出会えてよかった。ミハンを必ず実現させてください」。田村は、そう言い残して、銃口を頭に当て、引き金を引き自殺してしまった。

「何の音です?」南が叫ぶ。
小田切が、駆け寄って田村に抱き着き、気が動転したまま泣きじゃくるのだった。

井沢も藤堂も山内もどうする事も出来なかった。

第7話に続く

スポンサーサイト

第7話に続く

絶対零度第6話を見たネットの反応は?

田村さんの死は、やっぱりみんなに衝撃を与えました。しかし、主題歌の「もし君を許せたなら」は本当にずるいですね。
泣くに決まってます。
もし君を許せたら (初回限定盤B[CD+GOODS])

絶対零度第6話動画無料視聴方法

ドラマ絶対零度~未然犯罪捜査潜入~を見逃しても大丈夫です。

『絶対零度第6話』放送終了から1週間以内はTverFODを利用すれば
見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴は⇒こちら
FOD 無料視聴は⇒こちら

ただし、第6話放送から1週間限定配信なので、
2018年8月13日放送終了後~2018年8月20日20:59までにご覧ください。

1週間過ぎても大丈夫!

1週間過ぎた場合は、FODプレミアムで動画配信サービスがありますので、ご安心ください。

絶対零度~未然犯罪捜査潜入~の第1話~第6話を見る

絶対零度第6話まとめ

絶対零度第6話のあらすじと感想、そしてネットの反応や見逃し動画配信サービスの紹介をまとめてみました。

今回は最終回並みの衝撃でした。 まさか田村が一連の犯人だったとは・・・・しかし、法で裁けない犯罪者達が野放しになるのも許せない気持ちがありますよね。
田村がやった事は、いけない事なのかもしれませんが、きっと心の中では、天罰だと思ってる人多いと思います。

これから、田村抜きのミハンチーム。田村の遺言である、ミハンシステムを実現するためにメンバーがどうなっていくのか、最終回に向けて楽しみです。
桜木泉(上戸彩)の行方もずっと気になってます^^;

お役に立てればと思います^^

スポンサーサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です