スポンサーサイト

絶対零度(ミハン)第4話のネタバレと感想!見逃し無料配信も紹介!!

フジテレビのドラマ「絶対零度 未然犯罪捜査潜入」第4話が7月30日(月)21:00に放送されました。

ここで第3話のおさらいを少ししてみます。

30秒で分かる絶対零度~未然犯罪潜入捜査~第3話

危険人物が大学生の若槻真帆(柴田杏花)とミハンシステムで割り出された。しかし若槻真帆は1年前の自殺未遂で意識がない状態。

1年間スマホを使用されてなかったが、ここに来て真帆のスマホが復讐するとの書き込みとニトロ購入に使われた事から危険人物と割り出された。

誰が、真帆のスマホを使って復讐予告したのか?

大学のサークル代表で真帆といい関係だった湯川司(佐野岳)がバーをやってるから小田切唯(本田翼)が潜入。

阿部と言う男が怪しい→山内徹(横山裕)が接触、無視される。

ある日、小田切唯、湯川司に襲われようとする。

自殺未遂の原因発覚。 湯川司がレイプした。

阿部は、守ろうとしたが、ダメだった。→後悔。
しかし犯人ではない。

実は、リハビリを担当していた大谷が犯人だとわかる。え?いきなり!

爆弾抱えて、佐野と小田切監禁される。

爆発2秒前に解除。 大谷逮捕。

湯川、レイプ事件からも爆弾からも逃げきる。

しかし最後に撃たれる。

第4話に続く

絶対零度2話の見逃し配信を視聴する!



と言う事で、早速第4話のあらすじを見ていきましょう。

絶対零度 第4話 あらすじ、ネタバレと視聴感想

井沢(沢村一樹)たちは、「ミハン」がリストアップした危険人物・佐伯卓郎(小野了)の捜査を始める。

佐伯はわかば銀行勤続36年。妻に先立たれてからはアパートでひとり暮らしをしており、毎朝決まった電車で出勤し、定時に真っ直ぐ家に帰る、殺人とは無縁そうな真面目な男だ。

だがこの1年の間に多額の出金記録があり、預金残高はわずか。また前夜は、仕事終わりに西麻布の会員制バーに立ち寄っていた。

小田切(本田翼)は、行員としてわかば銀行に潜入。そこに、客を装って田村(平田満)もやってくる。

その際、意外な事実が判明した。なんと佐伯は、田村の小学校時代の同級生だった。

そのとき、行内に銃声が鳴り響き、2人組の強盗が現れる。防犯カメラや通報ボタンの位置を熟知し、テキパキと金を詰め込んでいく強盗たち。しかし、ほどなく警察が駆けつける。

外の車で待機していた共犯者が逃走。強盗犯は、小田切らを人質に行内に立てこもる。

山内(横山裕)や南(柄本時生)が予期せぬ事態に緊迫する中、監視カメラで佐伯の動きを注視していた井沢は、彼が強盗犯とアイコンタクトをとっていたことに気づく。

「佐伯は強盗が入ることを知っていた――」 危険人物である佐伯が、もし強盗を手引きしているとしたら、彼はいったい何をしようとしているのか!?

山内は、犯行グループの情報を捜査一課に渡すよう進言。しかし東堂(伊藤淳史)はそれを拒否し……。

フジテレビ絶対零度公式HPより引用

銀行潜入

わかば銀行、銀行員として潜入していた、小田切唯(本田翼)は受付業務を担当していた。

今回ミハンが示した危険人物が、わかば銀行の佐伯卓郎(小野了)
銀行一筋の真面目そうな定年間近の男性だった。

本当にこんな人が?と南彦太郎(柄本時生)

20年前妻に先立たれてからは安アパートに一人暮らしか~。井沢範人(沢村一樹)が言う。

井沢は、山内徹(横山裕)に、佐伯のここ数日の行動を聞く。

山内:「毎朝決まった電車に乗り、定時には職場を出て家に帰ってます。」
井沢:「金周りの収穫については」
山内:「夕食は毎日スーパーの総菜。何か趣味があるわけでもなさそう」
南:「独身で安アパートに住んでる銀行マンが貯蓄がないなんて、一体何に金使ったんでしょうね?」
井沢:女の影もなしか?」
山内:「しかし昨日の夜、西麻布のバーに行っていました。」

そのバーに行っていたが、会員制のバーの為中は調べられなかったが、南が調べてくれた情報によると、金持ちの若者が集まりそうなバーだった。

定年間近の佐伯が行きそうにない様なバーだった。

南が銀行の監視カメラの画像を見ていると、そこには中国人に変装した、田村薫(平田満)が、モニターに映った。
好きだな~田村さん・・・と南が言う。

早速田村は、中華料理店の出店の為の融資という事で、佐伯と接触するのだった。

しかし、佐伯は、「薫君? 俺だよ。西小の佐伯」
なんと、佐伯は田村と小学生時代の友達だった。

びっくりするも、田村はお腹を壊しており、そのまま銀行のトイレへ直行した。

その時だった。 ピストルの発砲音が・・・

銀行強盗が二人入ったのだった。

強盗は銀行にいた人を集め人質にし、監視カメラの電源を切るように指示した。

監視カメラの電源を切られた為、井沢達が銀行内部を見る事が出来なくなった。

そこで、受付にいた小田切が、監視カメラが入ったぬいぐるみをカウンターに置いた。
見つかりそうになったが、何とか見つからなくて済んだ。

その頃田村は、トイレの個室にいた。

強盗は、佐伯に指示をし、金庫室を開けるよう指示。
言われた通りに金庫のロックを解除しようとするが、強制ロックが掛かり、金庫が開かない。

そのやり取りを見て、井沢はなんかおかしいと疑問を持つのだった。

どういう事だ・・強盗が佐伯に小声で言う。

更に、警察が予想以上に早く到着した事に強盗達は疑問を持った。

井沢も、モニターを見ながら、佐伯はなんか隠している。強盗が入ることを知っていた。と。

強盗は、人質達からスマホを没収していた。

人質の一人が、強盗に向かって、「なんでこんなことするの?」犯人を知っているような言い方だった。

強盗は「黙れ!」と言い、女性を蹴り飛ばした。

横にいた小田切がなんてことするの?と止めに入るも強盗から銃口を突き付けられる。

突きつけられた、腕にはサソリの刺青が見えた。

その頃、山内が「いったいどういう事ですか?」と聞く。

井沢は、「さっきパトカーのサイレンが聞こえた時、佐伯と強盗の一人がアイコンタクトを取っていた。」

スポンサーサイト


銀行員が銀行強盗?

佐伯と強盗犯が繋がってる?

確かに、防犯カメラの位置や通報ボタンの位置等、銀行内部の情報を知りすぎている。
更に、近くにいた銀行マンではなく佐伯に金庫を開けさせたのも不自然だと。

佐伯が強盗を手引きした・・・・

そのとき小田切が、サソリのタトゥーの情報が。

先ほどのバーの写真に写っていた人物と同じタトゥーが。

強盗犯の一人が特定された。

小田切が佐伯と強盗犯のやり取りを見て、つながってることを確信。

その時、警察から銀行へ電話が鳴った。

「今すぐ人質を解放しろ」と早川誠二(マギー)が言うが、強盗犯が逆に、「金庫の解除と、逃走用車両に手を出すな。 でなければ、30分毎に一人ずつ人質を殺す」と要求した。

その頃、資料室では、南が、犯人の特定をしていた。
班員は3人、日浦毅、立石悠馬、新井大雅、の三人だ。

主犯格は立石悠馬

「その情報を捜査一課に渡しましょう」と山内が言う。

すると、資料室に来た藤堂定春(伊藤淳史)が、教えてしまうと、ミハンんシステムが明るみになってしまうから、自分達で動かなければならない。

人質も小田切、田村だっているのに、銃も持ってない自分たちがどうやって助けろと・・・山内が食ってかかるが、藤堂は、ミハンシステムを信じるから、システムと人の命どちらも守ると言い切る。

井沢も山内に対し、「佐伯と強盗犯たちが繋がってる事は分かった訳だから、これから佐伯が起こすかもしれない殺人と銀行強盗が関係してるかもしれない。やるしかないじゃない。」

山内は、佐伯の自宅を捜査に行った。

田村もお腹の調子が落ち着いたらしく、銀行内部を操作すると。

小田切は、隣にいた女性から、「勇気があるんですね」と声をかけられた。

その女性は、来月結婚するらしい。そして、小さいころ別れた母と結婚式で会えるかもしれない」と言った。

小田切が「お父さんは?」と聞くと、「高校生の時に死んだ」と。

その頃、山内は、佐伯の部屋に潜入。

立石宛の借金の返済証明書、そして、沢山のポストカードを発見した。
カナダの風景の写真だった。

佐伯は強盗犯の立石の借金の肩代わりをしていたのか?

その頃銀行では、板倉麻衣(田中道子)が時間を計っていた。

早川はいらいらしながら、とにかく人質優先で動くように。

銀行内部では、先ほどの女性が佐伯の事を睨んでいた。

佐伯は視線をそらした。

その時、犯人の一人が佐伯に「来い!」と言って、ロッカールームに連れ込んだ。

ロッカーを捜索中の田村は急いでロッカーの中に隠れた。

ロッカールームに入った二人は、やはり知り合いだった。

立石:「なんで警察が来たんだ」
佐伯:知らん。俺は通報していない。それよりなぜあの子が来てるんだ?」
立石:「俺が呼んだんだ。あんたが裏切らないように」
「父親が死んだ秘密を教えてやるって言って」

それを聞いていた、井沢と南。
人質の中に、二人と関係してる人間がいる」

藤堂は無言で立ち去った。

立石:「あんたには最後まで協力してもらうからな」
その時銀行の電話が鳴り、立石は立ち去った。

田村は安心しきっていたが、佐伯がロッカーを開けてしまった。

田村は佐伯に「なんでこんなことを?」と尋ねるが、佐伯は話し逸らすように、「しかし覚えていないとはな~」と言い、昔の話を始めた。

田村が、そう言えば、岡ちゃん・・本名は・・・

佐伯の顔色が変わった。「岡本」
田村が「そういえば岡ちゃんどうしてる?」と聞くと、佐伯は、
「岡ちゃんは死んだよ。俺が殺した。10年も前の話だ。」と言い、人質に戻って行った。

その頃資料室では、警察に通報した人間を調べていたが、警察に通報したのは佐伯だった。

「銀行強盗に手を貸した人間が通報した。」
ますます分からなくなった。

犯人と銀行員と人質の関係

ミハンシステムでは、銀行内の人質を全部顔認証で調べていた。

その中で、小田切と話していた、「岡本由梨」が出てきた。
岡本由梨は、佐伯の幼馴染で9年前に死んだ岡本修二の娘だった。

岡本はねじ工場で働いていたが、9年前に自殺した。
幼い時別れた母親は現在大分の旅館に嫁いでいて、父親の死後、定期的に由梨に支援をしているのだった。

そして、立石が岡本ねじ工場で働いていた。

一方銀行内では、由梨が佐伯を睨んでいた。小田切が気になって「知ってる人?」と聞くと、佐伯は岡本の友人で、工場の融資担当。融資を打ち切って父を自殺に追い込んだ」と教えてくれた。

山内は、由梨の働いてるスーパーに調査に行った。
由梨の机には、カナダからのポストカードが飾られていた。

スーパーの社員にかつてねじ工場で働いていた人がいて、その人に9年前の出来事を聞くと、岡本が自殺する一か月前、大島と言う男がねじ工場のお金を持ち逃げして居なくなった。と。

その頃、警察から再び連絡が・・・「金庫のロックを解除した。」

金庫のロックを解除し、立石と佐伯が金庫内に入った。

井沢と南は先ほどの大島と言う男の情報を探していたが、9年前お金を盗まれたと言う被害届が出ていないばかりか、大島の家族から捜索願が出されていて、まだ見つかっていないと。

生活している形跡がまるでない事に疑問を持つ南と井沢。

銀行では、由梨が立石に向かって、「何のためにここに呼んだの?父の事を話して。」
「お前はもう用済みなんだよ!」
そう言うと、立石は由梨を殴りつけた。

止めに入る小田切。小田切もまた、二人の強盗にやられ、手を縛られるのだった。

その状況を見ていた井沢が急にどこかへ行ってしまった。

井沢は謎を全て説いたようだった。

「そもそも佐伯が銀行強盗を計画したんだ」と。
「警察を呼んだのも、犯人を足止めするために佐伯が呼び、金庫室内で犯人を殺すつもりだった。」
「しかし、警察を呼んだことで、金庫室がロックされてしまった。」

佐伯の狙いは、立石をおびき寄せるために計画されたもの。
岡本由梨さんを守るためだった。

金庫室に入った立石が積んであるお金に目がくらんだところで、佐伯が立石の持っていたピストルを奪い銃口を向ける。

驚く立石。 佐伯はずっとこの瞬間を狙っていたと。

しかし、強盗の仲間が金庫室に入ってきて形勢逆転。
あっさりやられる佐伯・・・だと思いきや、立石に銃口が向けられた。

何が起こってるのか分からない立石。

実は、井沢が犯人に変装して、金庫室に入って来たのだった。

立石君少し休んでくれないかな?と言い、井沢は立石を気絶させた。

その頃カウンター付近では、もう一人の犯人を小田切が痛快なアクションでやっつけた。

そのシーンがこちら

犯人と小田切が戦ってる最中、由梨はこっそりと金庫室の方へ。

スポンサーサイト


全ての謎が解明

金庫室の方へ行くと、井沢と佐伯の会話が聞こえてきた。

井沢:「あなた、親友である岡本さんの秘密と、娘に由梨さんを守る為に、この立石を殺そうとした。」
「9年前岡本さんが自殺した理由は、あなたが融資を打ち切ったからだ・・・でも、本当は別の理由があったんでしょ?」
「岡本さんが亡くなる一か月前、大島が工場の金を盗んで姿を消した。でも実際は、大島は姿を消したんじゃなく、殺されたんだ。」
「殺したのは、自殺した岡本さん。」

佐伯が口を開く。「悪いのは私なんだ。私と、岡本は幼馴染で、お互い家庭持ってからも親友だった。 私が20年前に妻に先立たれてからも家族の様に迎えてくれた。私は本当に幸せだった。しかし、あの日から全てが狂いだした。」

大島が現金を持ち出そうとしてる所を岡本が発見してしまった。岡本は、「何をしてるんだ!!」と言い、大島と取っ組み合いになった。岡本が大島を倒したが、ちょうど機材の角に頭をぶつけて死んでしまった。

佐伯「岡本は悪くない。あれは事故だ。」
岡本は自首すると言ったが、佐伯は事が明るみに出ると全てが終わると思い、大島が金を持って逃げた事にしようと、そして大島の死体を二人で埋めたのだった。

しかし、岡本は罪に耐えられなくなり首つり自殺したのだった。

「あの時自首させておけば岡本は自殺しなかったかもしれない」と後悔する佐伯。
岡本の遺書に、「由梨を殺人者の娘にしたくない」と書かれており、それで、佐伯は融資を打ち切るという名目で、岡本が自殺したことにした。

佐伯が全て罪を背負い、秘密を死ぬまで守って、由梨を守ると誓っていた。

その時、隠れて聞いていた由梨が、「それ本当なの?」と言って入ってきた。

井沢が由梨に話し始めた。「佐伯さんは、お父さんとの約束を守って、ずっとあなたを見守って来たんだ。お母さんから絵葉書と仕送り届くでしょ? これ送っていたのは佐伯さんあなたでしょ?」

「うそ、母はカナダにいて…」と言う由梨に対して、
井沢が「お母さんは九州にいて新しい家庭を持っています。」

佐伯は、少しでも由梨の支えになればと思って、お母さんのふりをして仕送りとはがきを送っていた。

婚約が決まった時、やっと自分の役目も果たせたと思った矢先、立石に岡本の秘密がばれた。

それからと言うもの、由梨をだしにして、佐伯から金をむしり取るようになった。

立石が由梨に秘密を話さないように殺す計画として、銀行強盗を持ちかけたのだった。

金庫の中で殺せば正当防衛になると・・・

井沢が静かに言った。「あなたはこれまで由梨さんを殺人者の娘にしたくないと言う一心で過ごしてきた。 しかしあなたは人を殺そうとした。」

「あなたには、愛情を注ぐべき人がここにるんだから。」

佐伯は、その場に崩れ落ちた。
由梨がそっとハンカチを差し出す。

佐伯は号泣した。

そして、無事銀行強盗事件は終わった。

山内が、藤堂に「今回は言いすぎました。」と謝りに来た。

井沢の過去の話をしていた山内。

ミハンシステムの危険人物としてリストアップされた過去があるのだった。

第5話に続く

第5話に続く

絶対零度第4話を見たネットの反応は?


 

絶対零度第4話動画無料視聴方法 見逃したあなたへ

ドラマ絶対零度を見逃しても大丈夫です。

『絶対零度第4話』放送終了から1週間以内はTverFODを利用すれば
見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴は⇒こちら
FOD 無料視聴は⇒こちら

ただし、第3話放送から1週間限定配信なので、
2018年7月30日放送終了後~2018年8月6日20:59までにご覧ください。

1週間過ぎても大丈夫!

1週間過ぎた場合は、FODプレミアムで動画配信サービスがありますので、ご安心ください。

絶対零度の見逃し配信を視聴する!



まとめ

絶対零度第4話のあらすじと感想、そしてネットの反応や見逃し動画配信サービスの紹介をまとめてみました。

やはり、本田翼さんのアクションと、横山君が大人気ですね^^
本田翼さんのコスプレと、毎度のアクションが個人的に見ものだと思ってます^^

上戸彩さんの出番はいつなんでしょうか?

お役に立てればと思います^^

スポンサーサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です