スポンサーサイト

チアダン(ドラマ版)3話のネタバレと感想!Rocketsが早々と解散か?

ドラマ「チア☆ダン」の第3話が7月27日(金)に放送されますね。

第2話では、いよいよ8人そろった、チアダンが始動するところで終わってしまいました。
第3話で一波乱ありそうで、楽しみですね。

第2話のあらすじは、こちらもご覧ください。
チアダン(ドラマ版)2話のネタバレと感想!佐久間由衣いよいよ加入か?!

それでは早速、第2話のあらすじをまとめてます。

わかば(土屋太鳳)、汐里(石井杏奈)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)が、メンバー募集に奔走。

同時に、顧問を漆戸太郎(オダギリジョー)にお願いする。

顧問を引き受けるのに躊躇する太郎。

メンバー中々集まらず。

桜沢麻子(佐久間由衣)チアダンス部見てうらやましそう。

柴田茉希(山本舞香)一人で踊ってるが、チアダン気になる。

顧問を太郎が了承。

ついでに終業式で踊らせて。

終業式の日に、チアダン披露。

茉希と麻子が入って、8人になり正式に部に昇格。

麻子が加入すると言った時、体育館で男子生徒たちが似合わね~と笑う。

すかさずわかば「人のやりたい事笑うな!!!!」一喝。

第3話に続く

第2話を詳しく見たい方は
チアダン(ドラマ版)2話のネタバレと感想!佐久間由衣いよいよ加入か?!

スポンサーサイト



チア☆ダン 第3話 、ネタバレと視聴感想

終業式で踊りきったわかば(土屋太鳳)、汐里(石井杏奈)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)の6人。

あと2人揃わないと活動禁止という絶体絶命の状況の中、麻子(佐久間由衣)と茉希(山本舞香)が名乗り出て無事に部員が8人集まり、正式に部活として認められた西高チアダンス部ROCKETS(ロケッツ)。

顧問の太郎(オダギリジョー)のおかげで部室も見つかり、9月1日のチアダンス福井大会に向けて練習開始だ!と思いきや、わかばは夏休みの補習に追われ、麻子は塾、渚は陸上部、妙子はお店の手伝いで、なかなか8人揃わない。

そんな状況に汐里は不満爆発!そんな中、太郎は「JETS」の指導方針をまねて自身の目標を書く“夢ノート”を部員分用意するが、いざとなったら渡せず8人の気持ちがバラバラのまま、チアダンス福井大会当日を迎えた。

目標とするライバルの中央高校チアダンス部「JETS」の凄すぎるダンスを目の当たりにして緊張するROCKETS。

初舞台に上がる彼女たちは、現実の厳しさを知ることになる…。

TBSドラマチア☆ダン公式HPより引用

Rockets正式に部になる

藤谷わかば(土屋太鳳)が目覚ましを手に取る。午前8:10を指していた。
一瞬時が止まるが、いきなりわかばは起き上がり、「やばい!遅刻や」と言って、起きるなり制服に着替えて学校に走って行った。

教室に入り、「すみません。寝坊・・・」と言ったところで、今日から夏休みという事を思い出した。

夏休み一日目。

階段で漆戸太郎(オダギリジョー)と会った。

わかばは太郎先生に、どこか部室は無いか尋ねた。
太郎は、あると言えばあるけど・・・と言いかけたところで、わかばはすかさず、汐里(石井杏奈)に、部室が見つかったと電話をかけた。

そして、チアダンメンバー8人でやって来た部室は、元々マーチング部が使っていた場所で、今は汚い倉庫と化していた。

ほこりやクモの巣だらけで、さらに使ってない学校の道具や楽器など部屋いっぱいに散らかっていた。

「ここが部室・・・・」
「廃墟やが」
「ここで練習は無理」
と言うメンバー達に、「じゃ掃除しよう」と。

早速、メンバー達は、部室の掃除を行った。

3日かかって、やっと、部室兼練習場所が確保できた。

一方、太郎は、前の学校でテニス部の生徒の夢をかなえるために厳しく接したが、それが原因でケガをし、太郎のせいにされた。
パワハラ教師のレッテルを張られたのだ。

それがトラウマとなり、今回チアダンス部のメンバーを同じ目に合わせないか自信がないと校長先生(阿川佐和子)に言った。

校長先生は、「彼女たちを信じる事が出来ないの?」そういった。

一方部室も綺麗に片付き、メンバーがご飯を一緒に食べていたら、汐里がポスターとペンキを持ってやって来た。

ポスターは、チアダンスの福井県大会のポスターだった。
9月1日にある大会にRocketsで出場すると言った。

「え?大会?」
「まだ基礎練しかしてないのに・・・」
「福井県大会って言うと、JETSも出るんでしょ?」

汐里は、「全米制覇が目標だから、福井で勝てなかったら全米にも行けない」と言う。

「そんなん無理や」と蓮実琴(志田彩良)に対し、わかばは「やる前から色々考えてもしゃーない。やるだけやってみよう」
メンバーも賛同するのだった。

その後、持ってきたペンキで、部室の壁に、「打倒JETS!!」と汐里が書き、その後、部室の壁中にメンバーが想い想いの言葉を書いた。

その日の帰り、野球部を眺めていた、椿山春馬(清水尋也)がいた。

わかばが声をかけ、二人で話してると、汐里が駆けつけて、「春馬君の隣予約した。私春馬君と付き合うから」と言って、帰って行った。

春馬もまんざらでもない様子だった。

その日の夜、太郎が帰宅すると、リビングでテレビを見ながら、チアダンスをしている、妻今日子(松本若菜)と息子の大和(高村佳偉人)の姿があった。

太郎が顧問をするという事で、二人で勉強していた。

そして、JETSの監督(天海祐希)が書いた本を太郎に見せた。

JETSのメンバーは夢ノートを書いていたというページを見せる今日子。

「太郎さんも夢ノートやってみたら。」
一番大きい目標を書き、その為に一年後、一か月後、一週間後、毎日と、達成できる目標を日々書いていくというものだった。

スポンサーサイト



メンバー同士の亀裂

次の日、汐里とわかばが練習のために登校していた。
「もう振り付け考えて来たから」と汐里
「早く踊りたい!!」と言うわかば。

しかし、先生に呼び止められわかばは、成績不振の為、強制的に補修に参加しないといけなくなった。

練習初日、時間に遅れてきた穂香(箭内夢菜)琴(志田彩良)が、見た光景は、汐里茉希(山本舞香)の二人しかいない光景だった。
「あれ、他のメンバーは?」

わかばは補修、麻子(佐久間由衣)は塾、渚(朝比奈彩)は陸上の練習、妙子(大友花恋)は店の手伝い。と、汐里はあきれて言う。

補修中のわかばはやる気なく英語の補修を受けていた。

一方、職員室にいる太郎先生は、それぞれのメンバーの夢ノートを作っていた。

補修が終わったわかばが部室に行くと、汐里と、渚が言い合いをしていた。

「初日から時間通りに来ないなら全米は絶対無理!」と憤る汐里。

何とかわかばがなだめてる所へ、太郎先生がやって来た。

夢ノートの説明をするが、メンバーには受け入れられない。
太郎はそっと、キャビネットにメンバーの夢ノートを置くのだった。

そして、練習を静かに眺めていた。

相変わらず補修を受けてるわかば、60点以上取らないと毎日補修を受けないといけないが、この日のわかばの点数は24点。

その帰り、麻子が「私が特別講義してあげる」と言い、英語を教えてもらう事となった。

麻子の家で英語を習うわかば。

その時、麻子が「汐里は全て一人でやってるから、余裕がなく空回りしている。わかばが部長をやったら?」と言う。

そして、次の日、麻子のおかげで無事英語の補修も終了した。

部室で、喜ぶメンバーの元に柳沢有紀(八木莉可子)がRocketsのTシャツを作って持ってきた。

新しいTシャツを着て練習するメンバー。

しかし、汐里の言い方が厳しい為にメンバーがけんかし始める。

止めに入ろうとしたわかばが押されて倒れこむ。
すると、大声で叫んだ・・・・けんかしていたメンバーが一斉に振り向く。
「お腹すいたーーーーーーーー」

その夜メンバーで妙子の中華料理店でご飯を食べていた。
その席で、わかばが部長になる事が決まった。

大会で解散の危機??

そして、大会当日。

他の高校の演技のレベルの高さに緊張するメンバー達。
特に麻子は緊張MAXだった。

そして、JETSの圧巻の演技を見たRocketsのメンバーはあっけにとられるのだった。

その次がRocketsの番。

いよいよステージが始まった。

緊張のあまり、体系が乱れぶつかりまくるメンバー達。
そのたびに笑いが起きる。

見るも無残な散々なステージだった。

大会終了後、落ち込む8人。

「全米制覇なんて全然無理や」
「めっちゃ恥かいた」
「私らがJETSに勝つなんて絶対無理だったんだ」
と言って、立ち上がり帰っていくメンバー

残された、汐里とわかば。

二人も太郎に「先生いままで付き合ってくれてありがとう。無駄な時間使わせて悪かったの」と頭を下げ帰って行った。

太郎は、メンバーを追いかけていき、
「本当にそれで良いんか?」
初めて、ちゃんとした言葉でメンバーに向き合った瞬間だった。

「初めからうまくいくと思ってたのか?」
太郎は、一人ひとりに言葉をかける。

実は、黙ってメンバー一人一人の事を見ていたのだった。

「俺、私なんかと言う言葉がどうしても許せない。お前たち、本当にあきらめていいのか? 夢を持つことは素晴らしい。失敗してもいいじゃないか。そんなこと気にするな。 夢にたどり着くにはどん底から一つ一つ這い上がればいい。 だから目の前の失敗から逃げちゃダメだ。」

そういうと、太郎は涙を流して立ち去った。

悔しさをにじませる8人。

目標新たに!

その日の夜、わかばは、夜ご飯を食べながら、悔しさが込み上げてきて涙が流れた。

いてもたってもいられなくなったわかばは、食事の途中で急に立ち上がり、学校へ走り出した。

部室に着くと、太郎が置いてくれてた、夢ノートを取り出し、そこに、
「打倒JETS! 全米制覇!」とマジックででかでかと書いた。

そこに汐里も現れた。同じく汐里も夢ノートに書き始めた。

次々と集まるメンバー達。

結局全員悔しくて、夢ノートに書くメンバー達。

絶対こんな所で終わらないと誓う8人。

早速練習するのだった。

第4話に続く

スポンサーサイト



第4話に続く

チア☆ダンを見たネットの反応は?

第3話放送終了後に随時UPしていきます。

チア☆ダン第3話動画無料視聴方法 見逃したあなたへ

ドラマチア☆ダンを見逃しても大丈夫です。

『チア☆ダン』放送終了から1週間以内は「Tver」と「TBS FREE」を利用すれば
見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
TBSFREE 無料視聴はこちら

ただし、第3話放送から1週間限定配信なので、
2018年7月27日放送終了後~2018年8月3日21:59までにご覧ください。

1週間過ぎても大丈夫!

1週間過ぎた場合は、Paraviで動画配信サービスがありますので、ご安心ください。

ParaviとはTBSのテレビ番組の他映画、アニメ、等の動画コンテンツが月額925円(税抜)で楽しめる動画配信サービスです。
※初回登録月は無料です。

詳しくはこちらから⇒Paravi公式サイト

まとめ

チア☆ダン(ドラマ版)第3話のあらすじと感想、そしてネットの反応や見逃し動画配信サービスの紹介をまとめてみました。

お役に立てればと思います^^

スポンサーサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です