スポンサーサイト

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~第1話のあらすじや感想。上戸彩扮する桜木泉が死ぬ??

2018年夏ドラマ、「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」が7月9日に始まりましたね。

今回の絶対零度~未然犯罪潜入捜査~は、前回までのシリーズで主役だった上戸
さんが特別出演となり、主演に沢村一樹さんを迎え、これまでのシリーズのキ
ャストを一新して、新しいドラマとなってますね。

前シリーズの最後に少しだけ横山裕さん扮する山内徹が出演して、上戸彩さん扮
する桜木泉とバディーを組むという所で終了しましたが、今回は、その横山裕さ
んが、未然犯罪捜査班通称ミハン(表向きは資料課)へ配属されるところから
スタートします。

それでは、早速第1話のあらすじやネタバレ、感想をまとめていきます。

ここから先はネタバレになりますのでご注意ください。

スポンサーサイト







絶対零度~未然犯罪潜入捜査 第1話あらすじ

公安外事第二課のエリート刑事だった井沢範人(沢村一樹)は、ある事件がきっ
かけで総務部資料課分室への異動を命じられる。

資料課分室のメンバーは、痴漢容疑者への必要以上の暴行で異動させられた小田
切唯(本田翼)、入庁以来ずっと資料課にいる人づき合いが苦手な南彦太郎
(柄本時生)、さまざまな部署をたらい回しにされてきた田村薫(平田満)
という、警察内のトラブルメーカーばかり。

だが、実はこの資料課分室には、刑事企画課特別捜査官・東堂定春(伊藤淳史)
が中心となって秘密裏に進められてきたある重要プロジェクトが託されていた。

それは、日本国民のあらゆる個人情報――通信記録や金融機関の出入金記録、
監視カメラの映像といったビッグデータを解析し、過去15年分の犯罪記録と照ら
し合わせることによって、AIがこれから起こる重大犯罪、主に殺人を犯す可能性
が高い危険人物を割り出す未然犯罪捜査システム、通称『ミハン』システムの実
用化プロジェクトだった。

一方、特殊捜査班のメンバーだった山内徹(横山裕)は、バディを組んでいた
桜木泉(上戸彩)の失踪事件がきっかけでチームが解散になった後も独自に彼女
の行方を追い続けていた。

だが、やがて捜査は行き詰まり、その無力感と警察組織への不信感から上司を殴
ってしまい、資料課分室への異動を命じられる。

ミハンシステムが割り出すのは殺人を犯す危険性のある人物。

しかし、いつ、どこで、誰を、なぜ殺すのかはわからない。

山内は、冤罪を生み出す可能性もあるミハンシステムに対して疑念を抱いていた。

「公にはできない捜査で、あなたたちの身に何かが起きても警察は助けてくれない。
切り捨てられて終わりだ」。山内は、そう井沢に告げる。

そんな中、ミハンシステムがテストケースNo.5の危険人物を割り出し……。

フジテレビ公式HPより引用

と言う事ですが、詳しく見ていきましょう。

スポンサーサイト







沢村一樹がいきなり犯人を撃つ

オープニングから中々の衝撃でした。

宇佐美涼介という犯人を追っていた井沢範人(沢村一樹)が、犯人の肩と足を
撃ち、最後は、宇佐美涼介の口の中に銃口を突っ込んで・・・・

ここで、刑務所シーンへ。

井沢範人(沢村一樹)が収監されてる刑務所へ、藤堂定春(伊藤淳史)が面会に
訪れる。
この時の首の後ろの傷が少し気になりましたが‥‥

そして、藤堂定春は井沢範人をミハンへ誘う。

その頃、桜木泉(上戸彩)山内徹(横山裕)から離れて行動し、そのまま失踪
する。
それにより、山内徹は一人で、桜木泉を探そうとするが、警察組織がそれを良し
としないため、警察組織へ不満を持ち、ある時上司と衝突する。

それが原因で、資料課へと移動する。

時は流れて、2018年、小田切唯(本田翼)がホテルのロビーで働いている。
そこには、議員の高山から依頼を受けた迫田がいた。

議員である高山は、秘書の深瀬を自殺に見せかけて殺そうと策略していた。

実は、日本中のありとあらゆる情報が集まっているというビックデータを集めて
いる未然犯罪捜査「ミハン」システムを使って、事前に殺害計画の会話や、行動
等をすべて監視しており、今回の殺害計画を事前に把握し、未然に防ぐための
計画であった。

ホテルの705号室で待ってるように指示された秘書深瀬。

そこに、高山が雇った迫田が秘書深瀬を殺害するために、部屋に入る。

ベットの隅でうつむいて座ってる深瀬。

ベルトを使って、後ろから締め上げるが、実は、事前に深瀬と入れ替わっていた
井上範人だった。

井上が迫田を倒すと、そこへ小田切唯が駆けつける。

本田翼さんのアクションシーンがめちゃくちゃカッコよかったです^^

無事、殺人未然に防ぎ犯人を逮捕出来たのだった。

同じころ、山内徹(横山裕)が、ミハンシステムを藤堂定春(伊藤淳史)から紹介
される。

「これって国民を監視しているのではないか?」
「違法捜査ではないのか?」
「AIが現在予測できる犯罪確立が90%の為、えん罪を生むのではないか?」

いまいち納得がいかない山内徹(横山裕)

しかし、藤堂定春(伊藤淳史)の言い分としては、
「まだ失われていない命を未然に防ぐことができる」
「今は、違法捜査だが、後々は合法化していきたい」

結構、リアルにありうる話だったので、少しぞっとしました。
自分が知らない所で監視されてると思うと、あまりいい気はしませんね。

そういう形で、資料課(ミハン)のメンバーが集結しました。

警察組織に不満を持っている山内徹(横山裕)へ、
「ここに回されるのはなんかヘマしたのよね。」と小田切唯(本田翼)
「捨て駒だとわかっていますからどうせ切り捨てられるだけ」と山内徹(横山裕)
が言う。

井沢範人(沢村一樹)へ一つのメールが・・・・

「止めに行くよ、これから起こる犯罪を」第1の事件の始まりです。

スポンサーサイト







No.5の危険人物、富樫(武井壮)

出会い系サイトや違法サイトを運営している富樫が危険人物として、ミハンシス
テムに表示される。表の会社とは違う闇の収入があり、近々、殺人を犯すと予想
され、早速富樫の動きを探るミハンのメンバーたち。

中々動きがつかめないため、富樫の相棒西田が出入りするバーへ潜入。

バーの中で、井沢範人(沢村一樹)と山内徹(横山裕)が喧嘩を始める。
バーテンとして潜入するための芝居だった。

その潜入が見事成功。

バーを潜入する事で、富樫の拠点のヒントが・・・・

富樫の拠点は麻布かもしれないとわかり、早速リッチウエストという事務所に夜中
潜入する。

事務所に潜入すると、ある部分に違和感があり、その部分を簡易鑑識してみると、
血痕が浮き出る。その後のDNA鑑定で、死んでいるのは富樫だと言う事が判明した。

加害者だと思われていた富樫が実は被害者だった。

その後、西田の動きを張ってると、西田が誰かを拉致してバーへ連れていく。
その二人は、富樫の友人だった、須藤と前川だった。

西田は、二人を
「富樫と何かビジネスをやっていたよな」
と問い詰める。

貴金属店経営の前川と、総合商社勤務の須藤は、知らないの一点張り。
二人はボコボコにされるが、一切口を割らない。

そこへ、内部を探るために、山内徹(横山裕)がバーテンと言う事を利用して、
店に入る。

しばらくして、通報を受けた警察が来るが、山内が、景観を追い返し、西田の
信用を得る事になる。

その後、匿名の通報により、奥多摩山中で富樫を見たとの情報が・・・
その山中で富樫の遺体が発見された。

この情報を知ってるのは、ミハンのメンバーだけ。

情報のリークは山内徹(横山裕)だった。

殺人が起きてからは、捜査権は一課に移るが、ミハンも捜査を継続する。
「これは違法捜査でしょ。」
「これ以上関われない」
と山内が言い出すが・・・・

違法捜査で新犯人を捜査

早速、真犯人を探すべく、須藤の会社と前川の貴金属店へ潜入捜査をする。

須藤と前川は高校時代野球部のバッテリーを組んでいて、それ以来の親友であっ
た。

小田切唯(本田翼)が須藤の会社へ潜入し、須藤の手帳を盗み出す。
そこに書いてあった、アルファベットの暗号。
そこへ、西田が、須藤に会いに来る。
小田切唯(本田翼)はすかさず、盗聴器を仕掛ける。

西田は、富樫を殺したのが須藤と前川だと勘づいていて、更にお金の行方を探し
いた。

実は、須藤には、会社から横領していて、更に消えた5千万円も借金の返済に既
に充てていた。

西田に感づかれた須藤は、前川へ金塊の密輸のお願いに行く。

実は、前々から須藤と前川は近海の密輸を行っており、その手順はというと、
金塊を香港で買う。その時、消費税がかからない。そのまま韓国に向かい
韓国には入国せずに乗り換えエリアで運び屋にその金塊を渡し密輸する。
また、日本から金塊を香港に輸出する時には税金が還付される。
金塊をまわすことで、永遠にカネが手に入る仕組みだった。

それを富樫に見つかって、富樫も金塊密輸に参加する。

しかし、須藤が上前を撥ねてる事を知った富樫は、須藤を殺そうとした。

もみあいになり、富樫が持っていたピストルが自分に当たり死んでしまう。

AIがはじき出していた富樫の情報はあっていたのだが、ふとしたところで、加害者
から被害者になったのだ。

西田に気づかれたら終わりだ、と言う事で、前川に最後のお願いをする。

しかし、実は須藤は西田と裏で組み、前川が密輸した金塊を西田と山分けし、前
川を殺そうと画策していた。

ミハンのメンバーは、須藤が西田を殺すだろうと予測して、須藤と西田をそれぞ
れ張る事になった。

成田空港では、既にミハンのメンバーが待機、山内徹(横山裕)は西田を張るが、
西田が成田空港へ向かってる事で、おかしい??と・・・

金塊が成田空港に到着し、運び屋の数が少ない事に疑問を持つ井沢範人(沢村一樹)
が、殺そうとしてるのは、西田ではなく前川だと察する。

最後は、殺されようとする前川を寸前で、井沢範人(沢村一樹)、山内徹(横山裕)
が取り押さえるが、その際、ピストルを奪った井沢範人(沢村一樹)が冒頭と同じ
様に、犯人に向かって銃を撃つ・・・このシーンは後々まで引きずりそうですね。

ここで事件は解決しますが、行方不明だった桜木泉がベトナムで発見されます。

最後は、焼死体で発見されましたが、果たして桜木泉は殺されたのか?

第二話に続きます。

と言う事で、第二話も伏線がいくつかあって楽しみですね。

今回気になったのは、本田翼さんが背負っていたぬいぐるみ?でした(笑)

このぬいぐるみは「ミニピープルロングアーム」という、クッションです。
ビーズクッションの最大手「MOGU」の商品になります。
直販店HP

スポンサーサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です