猪狩ともか(仮面女子)卒業の本当の理由は?コンサートや今後の活動も

仮面女子の猪狩ともか(いがりともか)さんって知っていますか?

私は、看板の下敷きになったニュースで知りました。

その後、アイドル活動を続ける猪狩ともかさんの事はちょくちょくテレビなどでも見てますし、車椅子での生活にもかかわらず、ちゃんとステージに立って、アイドル活動をやってる姿、色んなイベントやメディア活動も積極的にされてる姿に感銘を受けてました。

 

それ以上に、猪狩ともかさんを、受け入れてくれてる、事務所や仮面女子のメンバーも本当に凄いなと感じてました。

 

その猪狩ともかさんが、卒業を発表したというニュースが飛び込んできて、え?っという感じでした。

これまで、てっきり事務所ともメンバーとも順調にやって行ってたイメージだったんですが、急遽卒業と聞くと、違ってたのかな?と勘繰ってしまいました。

それが凄く気になってしまったので、今回は、

猪狩ともか(仮面女子)卒業の本当の理由は?
猪狩ともか(仮面女子)の卒業コンサートはいつ?
猪狩ともか(仮面女子)の今後の活動について
猪狩ともか(仮面女子)のプロフィールと経歴

について調べてみました。

本当の理由が分かって安心しました^^

 

スポンサーリンク

猪狩ともか(仮面女子)卒業の本当の理由は?

2020年2月17日、猪狩ともかさんは、秋葉原の仮面女子CAFEで行われた公園で、グループからの卒業を発表しました。

最後の曲を歌い終えたところで、

「ちょっとお時間いただいてもいいですか」と切り出し「9月19日にZepp Hanedaでワンマンライブがあるんですけど、それをひと区切りとして私、猪狩ともかは仮面女子を卒業します」

車いす生活になっても、アイドルを続けさせてくれた「仮面女子」からの脱退!

何故、今卒業をしなければいけなかったのか?メンバーと仲が悪くなったのかな?理由が凄く気になりました。

 

そこで、卒業理由を調べたところ、猪狩ともかさんは、

「私は仮面女子という存在に今まで何度も何度も救われてきて、仮面女子にいなかったら、けがをした後に帰ってこられる居場所はなかったんじゃないかなって思うほど、仮面女子でいて良かったなって思ってます。でも、そんな仮面女子というグループに頼るのではなく、これからは猪狩ともか個人として活動していきたいなと思って、卒業を決意しました」

とコメントしています。

更に

「車いすで活動するアイドルとして注目していただくことがなかったら、卒業後に一人で活動していけるような人ではなかったと思います。だから、これはけがしたことによって開けた新しい道だと思ってます。けがをして失ったものもたくさんあるけど、私にしかできないことや、やっていきたいことが明確になりました。これからはそんな新しい可能性を信じて頑張りたいなと思ってます」

ともコメントしています。

 

どうやら仮面女子が嫌になったとか、メンバーとの確執があったとかという事ではなさそうですね。

 

この文面を読む限りでは、下半身不随になってからも、活動の場を与えてくれた「仮面女子」は、猪狩ともかさんにとっては、特別な場所であり、メンバーもかけがえのない仲間であることは間違いないですね。

そんな、猪狩ともかさんにとって、大切な場所だからこそ、これまでメンバーに支えてもらった事で、迷惑をかけてるのではという想いもあったかもしれません。

 

猪狩ともかさんは、車いす生活になっても非常に前向きで、ファンの人達に対してもかなりの勇気を与え続けてたと思います。

そんな猪狩ともかさんが、好きな場所と仲間から独立して、自分の力で今後の道を切り開いていきたいと思っての卒業だと思いました。

 

実際、卒業してもアリスプロジェクトで活動しますし、仮面女子と一緒にイベントもやて行くという事で、仲が悪いとか事務所が嫌になったという事は決してないようです。

年齢も28歳になり、これからソロで前向きに頑張っていくための決断だったと思いますね。

 

 

猪狩ともか(仮面女子)の卒業コンサートはいつ?


猪狩ともかさんの卒業コンサートについてですが、

2020年9月19日ZeppHanedaでワンマンライブを持っての卒業という事です。

 

ZeppHanedaってあったっけ?

と思ったのでちょっと調べてみると、まだ完成していないライブハウスなんですね。

 

ZeppHanedaは、2020年夏に完成予定で都内で3店舗目になるZeppですが、収容人数3000人規模の大きいライブハウスだそうです。

 

アクセスは、京浜急行空港線、および東京モノレールの天空橋駅のエリアです。

こちらの詳細は、まだ発表されていないのですが、3000人規模のライブハウスでのコンサートですので、沢山のファンが楽しめますね^^

 

 

猪狩ともか(仮面女子)の今後の活動について


猪狩ともかさんの、卒業後の活動についてですが、今のところ、所属事務所はやめずに、「アリスグループ」として、芸能活動を続けていくとの事です。

 

現在も、「東京2020パラリンピックの成功とバリアフリー推進に向けた懇談会」のメンバーとして応援大使を務めたり、埼玉西武ライオンズが主催する「車椅子ソフトボール大会のスペシャルナビゲーター」への就任するなど、障がい者だからこそできる芸能活動も積極的に行っています。

 

また、卒業発表と同時にYouTubeチャンネルも開設し、バリアフリーチェックや、車いすで楽しんでる様子も配信していきたいとコメントしてる事からも、アイドルでかつ車いす生活してる人の目線に立った活動を視野に入れてるみたいですね。

 

確かに、私たちでは分からない事、車いす生活だから分かる事を、代表として世の中に発信する事で、車いすの生活の理解を広げられるのではないかと思っています。

 

なので、アイドルという枠を超えて、猪狩ともかさんだからできる芸能活動をやりたい!と前向きな姿勢で今後も芸能活動をしていくと思います。

 

猪狩ともか(仮面女子)のプロフィールと経歴


ここで、猪狩ともかさんのプロフィールと経歴を少しだけまとめておきます。

猪狩ともかプロフィール

名前:猪狩 ともか(いがり ともか)
生年月日:1991年12月9日(28歳)
出身地:埼玉県
身長:154㌢
所属:アリプロジェクト 仮面女子・スチームガールズのメンバー
2014年22歳から芸能活動開始(スライムガールズ)
2017年仮面女子加入

22歳でアリスプロジェクトに所属してますので、結構遅くから芸能活動を始めたんですね。

猪狩ともか経歴

猪狩ともかさんは、2014年、22歳で現在の所属事務所アリスプロジェクトに入り、「スライムガールズ」に所属します。

「仮面女子」は、アリス十番、スチームガールズ、アーマーガールズ、イースターガールズの4つのユニットからなるグループで、その研究生が「スライムガールズ」に所属します。

猪狩ともかさんも、「スライムガールズ」からスタートし、同じ年に卒業。

その後、上位ユニットのOZに加入します。

2017年OZを卒業して、スチームガールズに昇格し、正式に仮面女子に加入する事になります。

一番下積みが長かったのが猪狩ともかさんでした。

そんな頑張り屋の猪狩ともかさんは、2018年1月スチームガールズ加入して1年で、3代目のリーダーとなります。

 

しかし、その年の4月に衝撃的な事故が起きます。

東京都文京区の湯島聖堂近くの歩道を歩いていた時に、強風により木製の案内板が運悪く倒れて下敷きになり[ました。

病院で緊急手術を受け、一命はとりとめたのですが、「脊髄損傷による両下肢麻痺」になってしまい、車いすでの生活となりました。

 

これだけの事故にあったにもかかわらず、事故から一ヶ月後ブログで活動継続していくことを宣言しました。

これまで、アイドルとして、歌もパフォーマンスもやっていたのに、急に動けなくなったショックは計り知れなかったと思いますが、車いすでもステージに立つという選択をしたのは、本当に凄い事だと考えさせられました。

 

この状態でも受け入れてくれた、所属事務所もメンバーも本当に寛大で素敵な仲間だと思いました。

 

そして、発表から4か月後には本当にステージ復帰を果たしました。

 

脊髄損傷は、両下肢がマヒするだけでなく、手足が思うように動かなかくなったり、尿失禁や排便が困難になったり、体温の調節が上手くいかなかったり、体の色んな部分に影響が出ます。

それだけに日々のリハビリも相当辛く、生活するだけで大変な事です。

 

それを前向きに乗り越えてステージに立つというのは、並大抵の精神力では務まらないと思います。

 

そして、今回2020年2月17日に、「仮面女子」を卒業し、個人として活動を行っていく選択をしました。

まとめ

今回は、猪狩ともか(仮面女子)さんの、卒業の理由と、卒業コンサートの日程をまとめました。

 

卒業の理由を少しでも、不仲だとか事務所の折り合いが悪いとか思った自分がちょっと嫌になりますね^^;

 

大切なメンバーと自分を育ててくれた事務所に恩があり、自身の力で新しい道を切り開いていくという前向きな理由での卒業という事で、これからも猪狩ともかさんを応援していきたいですね^^

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク