スポンサーサイト

義母と娘のブルースの原作やあらすじ、主題歌、放送日を一挙紹介!!

2018年7月のTBS系火曜夜10:00~は、
【義母と娘のブルース】
放送されることになりました。

主演に綾瀬はるかさんを迎え、その他、
竹野内豊さん、佐藤健さん、らが
名を連ねる、キャストだけ見ても期待値が高そうな
ドラマですね。

主演の綾瀬はるかさんが演じるのは、一生懸命すぎる女性で
母親になるために一生懸命娘を愛する10年間のお話だそうです。

原作は4コマ漫画「義母と娘のブルース」(文化社刊)で、
桜沢鈴さんによる義母と娘の愛と成長を描く物語です。

女性の社会進出が進み、晩婚化となっている昨今、
家族の形も多様化していくのではないだろうか…。

本ドラマは、綾瀬はるかさん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公が、
娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、
母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、
家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。

そこにあるのは、大事件でもハプニングでもなく、
あたりまえの喜びや、悲しみ、そして時にほっこりとする小さな奇跡である。

脚本は 『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)、『白夜行』(2006年)、
『MR.BRAIN』(2009年)、『JIN?仁?』(2009年、2011年)、
『とんび』(2013年)、『天皇の料理番』(2015年) など、
数々のヒットドラマを手掛けてきた森下佳子さんが担当されます。

義母と娘のブルースは、親子愛、友との絆、
支えてくれる周囲の仲間達のやさしさなど、普段では気づかない事が、
実はすごく大切だったと言う事を思い出させてくれるドラマだそうで、
私たちも普段まったく気にしないで過ごしている事を改めて
感じさせられそうなドラマですね。

離れてみて初めてその優しさに気づいたり、大切な物を実感したり・・・
義母と娘のブルースで感じれたらいいなと思っています。

では、早速原作の紹介や概要、あらすじなどを見ていきましょう。。

こちらの記事では2018年夏のTBS系
火曜ドラマ【義母と娘のブルース】の
あらすじ、主題歌、放送予定日を紹介していきます。







ドラマ【義母と娘のブルース】の概要とあらすじ

タイトル 義母と娘のブルース
放送日 毎週火曜日22:00~(初回10分拡大)
放送開始日 2018年7月10日
原作 桜沢 鈴 「義母と娘のブルース」 (ぶんか社刊)
脚本 森下佳子
プロデュース 飯田和孝、大形美佑葵
演出 平川雄一朗 中前勇児
製作著作 TBS
主題歌 ※発表後更新します

●予告動画1


●予告動画2

●予告動画3

ドラマ【義母と娘のブルース】の原作

ドラマ【義母と娘のブルース】の原作は、同名4コマ漫画
『義母と娘のブルース』(ぶんか社刊)を書かれた『桜沢鈴』さんです。

現在、単行本も2冊発売中です。

スポンサードリンク

 

 

脚本

脚本は森下佳子さんが手掛けてあります。
これまで『世界の中心で、愛をさけぶ』『白夜行』
『JIN-仁-』『ごちそうさん』『おんな城主直虎』
等、私が好きだったドラマも沢山手掛けてあり、
映画『花戦さ』では、日本アカデミー賞も受賞されています。

漫画が原作の義母と娘のブルースが脚本によって
どう描かれていくのか楽しみですね。

第一話あらすじ

数年前に母親を亡くし、父親の良一 (竹野内豊) と
父一人子一人で生きてきた宮本みゆき (横溝菜帆)。

そんな彼女の前にある一人のキャリアウーマンが現れる。
彼女の名前は岩木亜希子 (綾瀬はるか) 。

業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は、
みゆきの新しい義母になる女性であった。

そんな亜希子とみゆきの初対面の日。

亜希子はみゆきに名刺を差し出し、「私、このような者にございます」
と挨拶するが、みゆきは 「私、この人嫌い」 と一蹴。

「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」
謎の封筒を置いて帰ってしまう亜希子。

亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは良一をギロリ。

慌てふためく良一はみゆきを必死に説得するが逆に言い負かされてしまう。

亜希子の義母としての初陣は、あえなく惨敗に終わるのだった。

しかし、“戦国部長” の異名を持つ亜希子は、このままでは終わらない。

百戦錬磨のビジネス経験を活かし、
みゆきの心をつかもうとありとあらゆる策を練る。

児童心理学の書籍を読み漁り、みゆきを知る人間に
片っ端からリサーチをかける。

会社の後輩・田口朝正 (浅利陽介) をも巻き込み、
とっておきの作戦を立てる。

一方、下山不動産の噂好きおばちゃん・下山和子 (麻生祐未) に、
「再婚は早いのでは?」 と釘を刺されてしまう良一だが
亜希子への想いを語る。

みゆきの牙城を崩すためのヒントをもらおうと
下山の元を訪れる亜希子。

「あんたの味方はできないよ。私はみゆきちゃんの味方」
と言い張る下山に亜希子は… !?

その頃、光友金属を訪れていたバイク便の青年
麦田章 (佐藤健) に荷物を託す田口。

威勢よく飛び出し行く麦田にどこか違和感を覚える田口。

この違和感は、後にとんでもない被害に発展する…!?

果たして亜希子は、みゆきに受け入れられるのだろうか !?
義母として、認められるのだろうか !?

引用http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/story/

四六時中仕事と向き合ってるいわばキャリアウーマンの岩木亜希子が、
子持ちの宮本良一からプロポーズされることにより、一人の娘の義母
になるという、ありがちな設定ですが、娘さんとの距離をどうやって
詰めるのか?、また、最終的に義母と娘の関係がどう変化していくのか?

心温まるドラマに期待ですね^^

更に277人のオーディションの中から選ばれた子役の横溝菜帆さんの演技も
注目ですね。







ドラマ【義母と娘のブルース】の主題歌

ドラマ【義母と娘のブルース】の主題歌は、まだ発表されていませんね。

発表され次第、随時更新していきます。

主題歌が発表されました。

今回の主題歌は、MISIA×GReeeeNの初コラボ楽曲「アイノカタチ feat.HIDE (GReeeeN) 」

に決まりました。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

楽曲の「アイノカタチ feat.HIDE (GReeeeN) 」は、8月22日発売です。
楽天から予約が出来ますね。

 

 

 

公式Twitter
https://twitter.com/gibomusu__tbs/

公式サイト
http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/

スポンサーサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です