ZOZO歌謡祭の完成度が秀逸!原曲を改めて聴いてみたい!

10月18日(金)「モノシリーのとっておき最強チャレンジ映像祭2時間SP」の中で、ZOZOTOWNのCMとして、本物の歌手が自身の曲の歌詞を変え、歌っています。

その完成度が中々秀逸で、本物の歌詞でもおかしくないんじゃないかという位、完成度が高いです^^

それも、平成の初期を飾った有名アーティストですので、30代後半~40代くらいの人には特に懐かしいのではないかと思います。

改めて、原曲を聞いてみたくなって今回まとめてみました。

スポンサーリンク

高橋ジョージ(虎舞竜)/ロード

最初は、高橋ジョージさんと言えばこの曲。ロードです。

凄く切ない曲なのに歌詞が変わっただけで、こんなにポジティブ?な曲に変身するんですねw

こちらがZOZO歌謡祭バージョンです。


こちらが本家です。

高橋ジョージさんのせつない歌声が身に沁みます。

相川七瀬/夢見る少女じゃいられない

相川七瀬さん、今でも変わらないシャウト具合が、本当にかっこいいですね。

年齢はもう・・・

年齢を感じさせない位若かったです。


こちらがZOZO歌謡祭バージョンです。

「社長が変わっても夢見る社風はかわらな~い」
笑わせていただきましたwww


とがった感じの相川七瀬さん、かっこいいですね。

以前、横浜スタジアムで行われたウォーターエイドのコンサートがあったのですが、その時の相川七瀬さんもカッコよかったです!

平松愛理/部屋とYシャツと私

平松愛理(ひらまつえり)さんは、もう55歳なんですね。かなり驚きです!!
1992年に発表された「部屋とYシャツと私」ですが、当時は小さいながらもよく聞いていました。
今年、部屋とYシャツと私~あれから~が、デビュー30周年記念に発表されましたね。


こちらがZOZO歌謡祭です。

歌声健在ですね^^


こちらはオリジナルの部屋とYシャツと私です。

そして、部屋とYシャツと私~あれから~がこちら

まさかのやっくん^^

PUFFY / これが私の生きる道

PUFFYの2人も変わらないですね^^
歌い方も、ダルイカンジの動きも全然変わらないですw


こちらがZOZO歌謡祭です。

そしてオリジナルがこちら

ま、若いですね^^

昔は毎日のようにテレビで見る機会があったので、今見ると凄く懐かしいです。

 

HOUND DOG / ff(フォルティシモ)

こちらは、今でも大友康平さんが時々歌ってるシーンを見ますし、何より最近ではリンゴちゃんが歌うので、安定のff(フォルテッシモ)ですね^^


こちらがZOZO歌謡祭です。

そしてオリジナルがこちら

まとめ

と言う訳で、ZOZO歌謡祭を見ていて、ふと90年代の曲を聞いてみたくなってまとめてみました。

ZOZO歌謡祭の歌詞、中々のクオリティーでしたので、聞き直してみて下さいね^^

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク